自己処理がNGな理由

このHPをご覧になっている方の中には、脱毛をしたいと思いつつもなかなか決められず、自己処理をしている人も多いと思います。

大してお金もかからないし、割と手軽にできてしまう自己処理。しかしながら、自己処理は肌にとっていいことなしのダメージ源だということをご存知でしょうか?

ムダ毛の自己処理が肌に与えるダメージを知ろう

脱毛器や毛抜きなど、自己処理の種類別に、どのようなダメージを肌へ与える可能性があるのか、解説していきます。

脱毛器を使った自己処理の場合

価格も手軽で使いやすい電気脱毛器。でも実は「抜く」という衝撃が肌にダメージを与えていたり、全ての毛を定められた方向に抜くことによって、毛根が変形して、きれいに毛が生えなくなってしまう原因に!

毛根自体は残した状態でいるため、継続して処置しても脱毛に大きな効果がないものの、肌が傷ついてしまうというマイナスポイントが気になります。

毛抜きによる自己処理の場合

ならば、毛の方向を見ながら自分で毛抜きをすればいい?

いいえ、毛抜きによる脱毛は毛が太くしたり鳥肌を助長する原因にもなります。衛生的な環境で行うのも難しいため、雑菌が入り炎症を起こす恐れもあります。

除毛クリームを使った自己処理の場合

除毛クリームには強いアルカリ性の薬品が使用されていることが多く、毛だけでなく素肌をも溶かしてしまう危険性があります。

お肌が弱い方は、毛はなくなっても肌荒れがひどくなってしまうかも。

ワックスやテープ類を使った自己処理の場合

毛を取り去るときに角質までもっていかれてしまい、肌の表面を傷つけてしまうことが考えられます。

新しくやわらかな角質がなくなることで肌の防衛反応がはたらき、角質が硬くなり肌がカサつきやすくなることも。

つまるところ自己処理は、お肌の表面を知らないうちに傷つけてしまう行為だということです。処理に時間もかかり、仕上がりもキレイじゃない…。努力の割にはオススメできない方法だといわざるを得ません。

脱毛をするなら信頼のおけるサロンで

脱毛器をはじめ、自己処理による脱毛がデメリットばかりだということがよくわかったと思います。自分で行う脱毛にはそれだけリスクが伴うということです。

せっかく肌を美しくするために脱毛を考えているのですから、自分でやらずに信頼のおけるエステサロンやクリニックを探すことをオススメします。

経験と知識を持ち合わせたスタッフが行うため、自己処理のときのようなダメージを受けることなく、効果的な脱毛ができることでしょう

この記事の関連ページ